HOME > 日常清掃について > 浴室の日常清掃の周期はどれくらいがいいか

浴室の日常清掃の周期はどれくらいがいいか

普段生活している中で自宅の清掃はどれくらいの周期で行うのが理想か。
もちろん、清掃する箇所にもよりますが、日常清掃として1番気にして欲しい箇所は浴室です。
カビも生えやすく、シャワーヘッドなどにもカビが付着します。
およそ3日経過すればカビが生えてくるという実験結果も出ており、できれば毎日洗う等の清掃が必要な箇所である事がわかります。
特に天井は生えやすく、天井からカビの胞子が降り注いでいる状態になってしまう為、最後にタオルなどを使い水滴などを綺麗に拭き取る事がおすすめです。
シャワーヘッドも分解できるところまで分解して掃除を行い、壁や床、タイルはもちろんですが、排水溝なども清掃しましょう。
毎日となると手間や時間もかかる為、1日おきに続けるだけでも綺麗な状態が保てます。
また生えてしまったカビは根が強くなかなか落としきる事ができません。
重曹などを使いパッキンの部分などは染み込ませて湿布して根こそぎ除菌断絶しましょう。
毎日、壁や床などについたシャンプーなどの洗剤を熱湯で綺麗に流し落としてから冷水をかけるなどをし、最後に綺麗にタオルなどで拭き取る事を行うだけでも違いがあります。



日常清掃で玄関の掃除はとても大切

住まいの中でも玄関は汚れがたまりやすい場所です。
一軒家ならドアを開けてホウキで掃き出せば済みますが、マンションでは外に掃き出すことができない場合もあります。
そもそもマンション住まいでは、日常清掃として家の前の道や庭を掃くこともないため、ホウキを備えているご家庭は少ないかも知れません。
ということで役立つのが掃除機です。
しかし、室内と玄関を同じノズルで掃除するのは抵抗がある場合も一般的です。
そこで、掃除機で玄関を清掃する時は、使い終わったアルミホイルの芯や、トイレットペーパーの芯を活用すると便利です。
これなら土足で行き来する玄関でも、気にせずゴミを吸い取れます。
ホウキで掃くのと違い、掃除機ならゴミをドンドン吸い込むため、清掃も短時間で完了します。
掃除が終われば先端に取り付けた芯も捨てればOKですから、後片付けも簡単です。



面倒くさがりな人のお部屋の日常清掃

あなたは面倒くさがり屋ですか。
日常清掃、つまりお部屋、家の清掃は面倒くさがり屋な人にとっては苦痛で仕方ないこともあります。
時には、日ごろの掃除をさぼり、部屋が汚くなり、年末や、衣替えのシーズンの際にいっきに部屋のいろんなものを片付けたり、掃除したりしなければならないこともあります。
そんな方に、毎日の清掃の仕方、考え方をご紹介いたします。
まず、一つ目、日常清掃の考え方、行動の起こし方の点について述べます。
質問ですが、あなたのお部屋は初めて暮らし始めた時から汚かったでしょうか。
そうではないですよね。
一人暮らしをしていたりする方は、引っ越してきたばかりの時、部屋が綺麗だったはずです。
そしてなぜ、部屋が汚くなってしまったかというと、日常清掃を怠っていたからです。
まいにち清掃をすることは、確かに大変なことです。
ですが、たまりにたまった汚れや片付けを一度にしてしまうことはもっと大変です。
そのため、まず部屋の掃除は毎日するほうが確実に楽という考え方を頭にいれましょう。
次に、その考え方を頭に入れたのであれば、それを毎日実行するのみです。
掃除の仕方ですが、面倒くさがり屋さんは、毎日すべてを掃除する必要はりません。
週替わり、曜日ごとに掃除箇所を変えること、もしくは何かを使用したら確実にそれを片付けるということを実践すれば、部屋が汚れていく、散らかっていくことは非常に少なくなります。
面倒くさがり屋な方は是非、考え方を少し変えてみて、実行してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ
 

PAGE TOP